ライアン・ゴズリング

ライアン・トーマス・ゴズリング(英: Ryan Thomas Gosling、1980年11月12日 - )は、カナダの俳優・ミュージシャンである。ディズニー・チャンネルで放送された『ミッキーマウス・クラブ』(1993年 - 1995年)で子役としてキャリアを開始させ、『アー・ユー・アフレイド・オブ・ザ・ダーク?』(1995年)や『ミステリー・グースバンプス』(1996年)など子ども向け娯楽番組にいくつか出演した。映画初主演作はユダヤ人のネオナチを演じた『ザ・ビリーヴァー(英語版)』(2001年)で、その後も『完全犯罪クラブ』(2002年)・『スローター・ルール(英語版)』(2002年)・『16歳の合衆国』(2003年)など、自主映画数本に出演した。 ゴズリングが注目を集めるようになったきっかけは、商業的に成功したロマンティック・ドラマ『きみに読む物語』(2004年)への出演である。薬物中毒の教師を演じた2006年の映画『ハーフネルソン』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされ、社会に上手くなじめない孤独な主人公を演じた『ラースと、その彼女』(2007年)ではゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞(ドラマ部門)にノミネートされた。また3年後・2010年に公開された『ブルーバレンタイン』では、2度目のゴールデングローブ賞ノミネートを受けた。2011年には、ロマンティック・コメディ映画『ラブ・アゲイン』、政治ドラマ『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』、アクション・スリラー『ドライヴ』に出演し、前2作で第69回ゴールデングローブ賞の主演男優賞2部門にノミネートされた。監督デビュー作となる『ロスト・リバー(英語版)』は2014年に公開されたが酷評された。映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015年)、『ラ・ラ・ランド』(2016年)での演技は好評を得て、後者ではゴールデングローブ賞 映画部門 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)を獲得したほか、2度目のオスカーノミネートを受けた。 ゴズリングのバンドであるデッド・マンズ・ボーンズ(英語版)は、バンド名と同じ名前のデビュー・アルバムを2009年にリリースし、北米ツアーも行った。彼はカリフォルニア州ビバリーヒルズにあるモロッコ料理屋 Tagine の共同オーナーでもある。動物の倫理的扱いを求める人々の会、インビジブル・チルドレン(英語版)、イナフ・プロジェクト(英語版)の支援者でもある。また、この地域の紛争に関する意識を高めようと、チャド・ウガンダ・コンゴ民主共和国東部を旅した経験も持つ。

出典:goo Wikipedia

レギュラー番組

出演番組

14件中 1件~10件を表示

  • ZIP!   よみうりテレビ
    • 630 / SHOWBIZ TODAY / 関西のオープニング / このあと / きょうのお天気 おしえて木島さん / ZIP!de ポン!チャレンジ / 朝コレ スポーツ / 最高気温 UP DOWN / まるトク ZIP! / REDCARPET / 次回予告 / せんたく予報 / あおぞらキャラバン / CHECKBOX / ZIP de!ポン!ターザン/WAVE / MOCO’Sキッチン / 朝コレ カルチャー / 朝コレ トピックス
  1. 1
  2. 2
  3. 次のページ