新庄剛志シンジョウツヨシ

新庄 剛志(しんじょう つよし、1972年1月28日 - )は、長崎県下県郡美津島町(現:対馬市)生まれの福岡県福岡市南区育ちの元プロ野球選手(外野手、内野手)。右投右打。現役引退後はタレント、実業家、クリエイター(商品プロデューサー、画家など)、地方競馬全国協会 (NAR) の馬主。元妻はタレントの大河内志保。紺綬褒章受章(2007年)。「記録より記憶に残る選手」と称されることがある。愛称は「プリンス」など(後述)。1993年に阪神タイガース球団歴代最年少での先発4番打者としての出場を記録(2018年終了時点)。2001年より日本人野手(投手以外)として初めてメジャーリーグベースボール(以下:MLB)の球団へ在籍し、2002年に日本人選手として初めてワールドシリーズへ出場。2004年よりの北海道日本ハムファイターズ時代の登録名は「SHINJO」であり、表記法をイニシャル以外でのアルファベットとするのは日本プロ野球(以下:NPB)において初めてであった。2001年より2009年まで個人事務所・株式会社剛ゴーエンタープライズに所属し、所属期間の途中よりは事務所とアワーソングスクリエイティブが業務提携してのタレント活動等のマネジメントを受けた。2008年に株式会社レハサフを設立して、2013年の会社閉鎖まで経営した(後述)。タレント活動等のマネジメントを自社から受けていた期間を経て、以降のマネジメント契約先は、2012年はプラファー、2013年よりエージェントオフィスタクト、2018年よりZE MANAGEMENT。2010年ごろにインドネシア・バリ島へ移住した。

出典:goo Wikipedia

出演番組

33件中 1件~10件を表示

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次のページ