報道の魂 記憶障害の花嫁 最後のほほえみ

放送日 2011年7月4日(月) 1:50~ 2:20
放送局 TBS

番組概要

オープニング (その他)

今回の放送内容を紹介。

記憶障害の花嫁 最後のほほえみ (バラエティ/情報)

萩田つかささんは大学で福祉を学んでいて、夢はカウンセラーになる事。萩田つかささんは高校2年の時に信号無視の車に衝突され、左半身麻痺と高次脳機能障害になってしまっている。

萩田つかささんは一人暮らしをして、母親に頼っていた身の回りの世話は通いのヘルパーに任せる事にしたが、一人暮らしのペースが掴めず出勤時刻を過ぎても準備ができずにいた。

萩田つかささんはNPO法人の自立生活センターさっぽろで働いている。この日はデパートや公共施設をまわり、障害者用のスロープなどの使い勝手をチェックしていた。

萩田つかささんは自立という言葉をよく口にしていた。一人暮らしで初めて経済的な問題にも直面したが、前だけを見つめて進んでいた。

キーワード
萩田つかささん
高次脳機能障害
自立生活センターさっぽろ

記憶障害の花嫁 最後のほほえみ (バラエティ/情報)

小柳雅巳さんの運転するタクシーに萩田つかささんが乗った事により2人は知り合い、小柳雅巳さんがメールアドレスを聞いたのがきっかけで、仲良くなった。

お互いの親からは結婚を強く反対されたが、2人は自分たちの進む道を自分たちだけで決めていた。萩田つかささんに赤ちゃんが出来た事により、周りも認めざる得なかったが母親は最後まで心配していた。

今までは親やヘルパーに頼んでいた家事を出来ることは全て自分でやると決めた。

去年の10月31日に妊娠5ヶ月で結婚式をあげた。結婚式では萩田つかささんが普段は見せない涙を流し、披露宴には200人の知人・友人が集まり2人を祝福した。

1ヶ月ぶりの検診で病院を訪れた。

キーワード
小柳雅巳さんの
萩田つかささん
萩田知子さん

記憶障害の花嫁 最後のほほえみ (バラエティ/情報)

萩田つかささんは出産に向け、親戚の子どもを借りておむつ交換を練習していた。

その後、定期健診の日に体の不調を訴えた。お腹と腰の痛みに襲われており、病院では切迫早産の可能性があり、肝臓の機能が低下していた。

予定よりも早い帝王切開で、萩田つかささんは男の子を出産。障害があるか心配された子どもだったが、問題なかった。

萩田つかささんの容態が出産した夜に急変、昏睡状態が続き急性妊娠脂肪肝だと診断された。数万人に1人の珍しい病で、28歳で短い生涯を終えた。

キーワード
萩田つかささん
急性妊娠脂肪肝

エンディング (その他)

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月4日放送
  3. 次回の放送
gooのお知らせ
品川シーズンテラス今春、いよいよ誕生!品川駅港南口から徒歩6分。国際ビジネス拠点のランドマーク「品川シーズンテラス」
いまgooいまgoo「いま」の話題が楽しめる「いまgoo」、おもわず話したくなる話題で、楽しむ・シェアする・盛り上がる!
看護師の転職ナビ看護師の転職ナビ夜勤も多く、神経を使う仕事なのに年収低くありませんか?あなた専任エージェントがサポートします!
災害用伝言サービスから節電サポートまでNTTグループ内の災害対策リンク集で、万が一のための情報を知っておこう。
goo電子書籍特集ホラー漫画家・伊藤潤二の実話エッセイお笑い猫マンガ!こんな強烈な猫マンガ、他じゃ見あたらない