あなたが主役50ボイス 大河ドラマおんな城主直虎 ボイス

放送日 2017年1月8日(日) 1:40~ 2:23
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:40~

オープニング映像と、大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の番組宣伝。

春風亭昇太と小池栄子が新年の挨拶を行った。今回は「おんな城主 直虎」ボイスを紹介する。

大河ドラマおんな城主直虎 ボイス (バラエティ/情報)
01:41~

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の番組宣伝。

井伊直虎のプロフィールや年表などを紹介。幕末の大老・井伊直弼の先祖で徳川四天王の1人井伊直政の後見人で資料が殆ど残っておらず、謎の人物とされる。静岡・遠江の井伊谷が今回の舞台となる。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・新井美羽は「柴咲コウに挨拶した時、ドキドキして固まっちゃった」とコメント。新井美羽の負けん気は、乗馬のシーンで「1人で乗りました」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・梅沢昌代の負けん気は「姫様命の乳母役です」とコメントし「老体にムチ打って走り続けている」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・杉本哲太の負けん気は「準備が時代劇は大変、なにも準備をしていないという気持ちで来る」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・でんでんの負けん気は「卓球で負けん気を出してます」「東京選手権という卓球の芸能人だけの大会で準優勝した」と話した。三遊亭小遊三など7人が出場したことを明かした。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・財前直見の負けん気は「アドバイザーの資格を6個取りました」とコメントし、エンディングノートについて「一緒に住んでいてもどんな保険に入っているか、どんなことが趣味なのか自分の思いが伝えられるノートなのでオススメしたい」と説明した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・三浦春馬の負けん気は「友人の家でオセロを全勝ちした」と話し「仕事でもゲームでも力の抜き方を知らない」と説明した。

スタッフに聞いた井伊直虎ってどんな人?では、臨済宗住職・細川晋輔さんが「禅の教えがドラマを通じて届いたらいいと願っている」と話した。小和田哲男さんは「女性活躍社会の原点は戦国にあり」「知恵と工夫、知力で乗り切ったのが直虎」と説明した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・春風亭昇太は自身が演じる今川義元について「誤解をされている戦国大名」と説明し「県民の期待を背負っている」と明かした。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・尾上松也は自身が演じる今川氏真について「蹴まりとか文化的なことが得意な人物」と説明し、負けん気については「ヒーロー関連の仕事をいただいた」「自分の趣味を仕事にしたいという負けん気が形になった」と話した。

春風亭昇太が舞台裏をリポート。セットの解体作業中で中々インタビュー出来ない昇太は室内に移動し渡辺一貴監督にインタビューを行った。負けん気について「僕たち失敗の連続、後悔や反省することがいっぱいある、そこを負けず嫌いで前に進む。みんなの思いがつみかさなって一つのドラマになる」と話した。さらに見どころについて語った。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・吹越満は春風亭昇太と共演するのが25年ぶりと話す。負けん気については「年間どこまでビーチサンダルでいけるか、気温や寒さとの戦い」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・浅丘ルリ子の負けん気は「61年間時間には遅れない、たった1回熱があって休んだだけ」「健康が一番」と話した。独身に春風亭昇太に対し「来るときは来ます」と励ました。

春風亭昇太が今川義元役で出演することを改めて紹介。「自分でやるとなると気恥ずかしい」とコメントした。

静岡・浜松市の町の人に「負けん気」について街頭インタビューを行った。釣り人は「100匹は達成したい」と話し、天竜浜名湖鉄道の観光ガイドは「ゆりかもめもたくさん見られる」と説明した。また、耕作者の男性が棚田の魅力や言伝えなどを語り、文化財管理者の男性は井伊谷の魅力を紹介した。井伊谷小学校の生徒らが発表会で時代劇を披露したことなどを紹介した。

スタッフに聞いた「あなたの負けん気」を紹介。撮影スタッフは「監督が想像している以上の映像を出す」とコメント。美術スタッフは「直虎が生まれ育ってから死ぬまでいた浜松の、岩・水・風をテーマに井伊谷を描こうと思った」と話した。

井伊家の菩提寺「龍潭寺」の住職は直虎について「一番影響を受けたのは龍潭寺だと思う、晩年は龍潭寺の境内でお母さんと暮らした」などと話し、井伊家の歴史を紹介した。龍潭寺の売店店員は「大河ドラマが決まってから例年の10倍訪れている」「自分も勉強しなきゃいけない」と話した。

「龍潭寺」の僧を演じる出演者・市原隼人の負けん気は「本気で笑えて本気で悔しがる。1つ1つ真摯に向き合って、その迫力が伝わればいい」と話した。

「龍潭寺」の僧を演じる出演者・小松和重の負けん気は「嫌われないようにしている、クール役だがおもしろさを出していきたい」「中身とキャラクターを好きになって欲しい」と話した。

「龍潭寺」の僧を演じる出演者・小林薫は「坊主は自前でお坊さんぽくなったけど内面が伴っていない」とコメント。負けん気については「負けてばっかり、勝ち気でずっといたら大ケガするよ」と話した。

直虎の重要資料を展示している浜松市博物館の学芸員は、直虎の書状を展示していることや直虎の花押などを紹介した。

井伊家の歴史を伝える浜松歴女探検隊は直虎について詳しく解る本を手作りした。本を作ったキッカケについて「浜松市から直虎を知ってもらう冊子を作って欲しいと依頼があった」ことを明かし「現在も井伊家は続いている。折れることなく次を見据えながら直虎は頑張った」と説明した。

小池栄子はVTRを振り返り、小林薫のコメントに対して「素敵だよね」と話した。笑点の司会者になった春風亭昇太は「周りから親切にされている感じがある」とコメントした。

地元のみなさんに「あなたの負けん気」について質問。ロケ地協力者は「現在を精いっぱい生きる」と話した。方広寺僧侶は、現場での作法指導などで撮影に参加したことを明かした。負けん気について、臘八大摂心を行い、寝るときも座禅をしたまま寝たエピソードを紹介した。さらにエキストラの男性たちにインタビューを行った。

浜松の民家には手製の鎧が171領あり、牛乳パックで作ったことを明かした。男性は「井伊の赤鬼と呼ばれるほど強かった」と話した。

浜松のご当地アイドル「H&A.」が登場。井伊直虎をイメージした曲などを歌っていることを明かした。浜松をPRする「浜松徳川武将隊」は殺陣のパフォーマンスなどで浜松市の魅力を伝えている。さらに鎧着付け体験を行っている女性にインタビューを行った。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・前田吟は「大河ドラマ・功名が辻」から10年ぶりに大河ドラマ出演することを明かし、撮影中に落馬したエピソードを紹介。「今回の乗馬シーンはやり遂げたい」と話し乗馬クラブで練習をしていることを明かした。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・高橋一生は趣味が山登りで「毎回やり遂げたと思っている」とコメント。「負けん気は意識しなくなったら出てくると思う」「日本全国百名山を登りたい」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・苅谷俊介は、やり遂げたいことについて「役者100%考古学100%」と話し纒向遺跡を25~26年掘っていることを明かした。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・菜々緒は「悪女ですかね、負ける気がしない」とコメントした。徳川家康を演じる阿部サダヲについて「瀬名の方が強い」と話し「役柄でもビクビクしている」「嫌いではないです」と話した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・貫地谷しほりは「最初脚本を読んだときどこに感動したか立ち返る」「理不尽に直虎に当たったりもするが、そこにもしのなりの正義がある」と説明した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の制作統括・岡本幸江は井伊直虎を選んだ理由について「身内が誰もいなくなった時に自分が城主となる、どういう生き方をしたか想像の翼が広がる」と説明した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」語りを担当した・中村梅雀は「負けん気の塊で12話分のナレーションの録音を一気にやらないと気が済まない」と話し「集中力が切れる前に終わるのが大事」と説明した。

大河ドラマ 「おんな城主 直虎」の出場者・柴咲コウは井伊直虎について「この国をどう生かしていこう、そういった使命に駆られている女性。私も割りと相手がどういきたいかそっちに興味があるので共感できる部分がある」と説明した。

キーワード
井伊直虎
井伊直弼
井伊直政
三遊亭小遊三
エンディングノート
臨済宗
今川義元
今川氏真
浜松市(静岡)
浜名湖
天竜浜名湖鉄道
井伊谷小学校
天白元屋敷遺跡
方広寺
龍潭寺
浜松市博物館
臘八大摂心
浜松(静岡)
H&A.
浜松徳川武将隊
大河ドラマ 功名が辻
纒向遺跡

エンディング (その他)
02:21~

小池栄子はVTRを振り返り「濃いキャストだな」とコメント。春風亭昇太は共演者から「浅丘ルリ子さんからお前生まれないだろ」と言われたことなどを明かした。最後に春風亭昇太が謎掛けを披露した。

「大河ドラマ おんな城主 直虎」番組宣伝テロップ。

「あなたが主役50ボイス ホームページ」テロップ。

エンディング映像。

キーワード
あなたが主役50ボイス ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 1月8日 放送