バラエティー生活笑百科 ▽育ての親はボク▽遺言書の訂正【ゲスト】相武紗季

『バラエティー生活笑百科』(バラエティーせいかつしょうひゃっか)は、NHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の法律をテーマにした教養バラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年10月21日(火) 11:05~11:30
放送局 NHK総合大阪

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

オープニング映像。ゲストの相武紗季らを紹介。相武紗季は「マッサン」に出演中で大阪へは旅行気分で来れることなどを話した。

キーワード
マッサン

バラエティー生活笑百科 (バラエティ/情報)
11:06~

和牛の二人が「育ての親はボク」というテーマで漫才を披露。

彼女が犬が欲しいというので飼うことにしたが、彼女は犬の世話をせず男性が世話をしていた。しかし、彼女と別れることとなり、犬は彼女が連れて行ってしまった。この犬を取り戻すことができるか、という相談内容。三倉茉奈は取り戻すことができる、桂吉弥はできない、という考えを話し、相武紗季は三倉茉奈に同意した。また、相武紗季はマッサンで連続テレビ小説初出演しており、桂吉弥や三倉茉奈、笑福亭仁鶴も連続テレビ小説に出演したことがある、ということを話した。

伊藤芳晃は今回の件に関しては「取り戻すことができない」と答えた。犬を購入したのは弟だが、その後プレゼントしているので所有権は彼女にあるということになっており、取り戻すのはなかなか難しいそうだ。離婚の場合で子供の養育権を争う場合には監護権という理由付けで取り戻すこともできるそうだが、法律では動物はものとして扱われるため監護権という理由付けも難しい。伊藤芳晃は「犬の立場にたった飼育を!」と一言を述べた。

中田カウス・ボタンの二人が「遺言書の訂正」というテーマで漫才を披露した。

長女のよし子さんの母が亡くなり、相続人は弟と妹を含めて3人で、遺言書にはよし子さんに遺産の3分の2を譲ると書かれていた。しかし、元々3分の1と書かれた所に2本線を引き三文判を押して訂正してあり、弟と妹は無効だと言い張っている、という相談内容。桂吉弥は「有効」、三倉茉奈は「無効」だと話し、相武紗季は訂正は無効、遺言書は有効、だと推定した。また、ドラマで演じている役から相武紗季が料理が得意か、という話もして、スープのレパートリーが増えてきたということも話した。

伊藤芳晃さんによると遺言書の訂正は無効、だと話した。自筆遺言書の訂正にはルールがあり、訂正場所に押印、訂正場所を指示して変更した旨を付記し署名する必要があるそうだ。しかし、遺言書自体は有効なため相武紗季の見解は大正解。ここで伊藤芳晃さんは「自筆証書遺言を甘く見てはダメ」と話した。

キーワード
マッサン

エンディング (その他)
11:27~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月21日 放送
  3. 次回の放送
gooのお知らせ
あなたの好きなデザインテーマは1~12月までの季節感テーマのデザインや、環境活動に貢献できる緑のgooなど、好きなデザインテーマを設定しよう
gooをスタートページに設定しようタイムリーなニュースやメール、天気など、便利な情報が集約! 地震や津波など防災情報もお知らせするgooトップページを設定しよう
一番安い自動車保険は?一番安い自動車保険は?《利用者800万人突破》最大21社に無料で一括見積もり。安くなった平均額は30,597円!
goo電子書籍特集とある家庭のペットとして暮らす魔王と、その飼い主である少年の物語。ときに隣の家の勇者におびえ――。